【買うべきはこれ】骨格別シアーシャツで着回しコーデ、これだけでおしゃれになる。

11色カラー、プチプラでシアーシャツ着回しコーデ

シアーシャツってどんな着こなしアレンジが出来るか知りたいな

シアーシャツの着回しコーデを紹介します。骨格によって、着こなし方を変えるとどんな骨格でも着こなせます。色はパーソナルカラーによって合わせましょう!

トレンドのシアーシャツです。カラーも豊富で11色から選べます。好きな色や似合う色でコーディネイトできますね。

引用元 楽天市場

パーソナルカラー別のおすすめカラー

スプリングにおすすめはこの色

オレンジ・アイボリー・ミントブルーがおすすめです。温かみのある、明るいカラーが似合います。

引用元 楽天市場

サマーにはこちらがおすすめ

ホワイト・グレー・ラベンダー・ピンクがおすすめです。上品でマットなくすみカラーやクリーミーな印象。

引用元 楽天市場

オータムはこちらです

アイボリー・ミスティピンク・オレンジがおすすめ。温かみのある色で、インナーのキャミソールは色濃いめが良いですね。

引用元 楽天市場

ウインターはこちらですね

ホワイト・ブラック・パープルがおすすめです。インナーやキャミソールは、濃いめの色でコントラストを効かせるととっても似合います。

引用元 楽天市場

骨格別着こなしポイント

骨格タイプによって、着こなし方を変えないと残念な結果に。骨格タイプ別に似合う着こなしポイントを紹介します。

骨格ストレートタイプ

骨格ストレートは、シアーシャツのような薄くて透ける素材がどちらかといえば苦手な素材です。でも着こなし方を変えるとおしゃれに着こなせます。インナーには、キャミソールやタンクトップ、チューブトップなどの首周りが少し開いた印象の物を着て、その上に合わせましょう。

and Meandmeさんのシャツ/ブラウス「オーバーサイズ長袖シアーシャツ(and Me|アンドミー)」を使ったコーディネート

引用元 ZOZO

  1. 羽織シャツとしてボタンを留めずに着る。
  2. 第二ボタンまでは開けて、顔まわりにVの開きを作る。
  3. サイズはジャストサイズを選ぶ。
  4. ナローシルエットのスカートやワンピースの羽織にする。

骨格ウエーブタイプ

骨格ウエーブは、透ける素材がとても似合います。軽さも感じられ、体の華奢な印象にピッタリ。ハリのある素材もトップスにボリューム感が出ておしゃれに見えます。

and Meandmeさんのタンクトップ「コットンフライスワイドリブタンクトップ(and Me|アンドミー)」を使ったコーディネート

引用元 ZOZO

  1. 裾を結んで、短めのハイウエスト位置で裾位置を決める。
  2. ボタンは全て留めて、デコルテまわりにネックレスなどをプラスする。
  3. インナーに、レースキャミソールや体にフィットするニットワンピースを合わせる。
  4. インナーに小さめのドットや花柄のタンクトップやキャミソールを合わせて、透け感から見える柄も楽しむ。

骨格ナチュラルタイプ

骨格ナチュラルは、ラフなスタイルが似合います。1サイズ上のオーバーサイズを選んだり、着崩したスタイルもアレンジして、得意なレイヤードスタイルを楽しみます。

and Meandmeさんのシャツ/ブラウス「オーバーサイズ長袖シアーシャツ(and Me|アンドミー)」を使ったコーディネート

引用元 ZOZO

  1. オーバーサイズの羽織として、裾の下の方だけを結び、襟元は3つくらいボタンを開けて、デコルテに大きめのネックレスをつける。
  2. 個性的な色やコントラストカラーなどを選で、斜めに肩がけをして見せる。
  3. わざとボタンの止める位置をずらして、前見頃のデザインを独自の形に変えてみる。
  4. 上までボタンを閉めて、透け感を楽しむインナーとして着る。その上から、オーバーサイズジレや、メッシュニットをレイヤードしてコーディネイト。

いかがでしたか。骨格タイプによって着こなし方や合わせるアイテムを変えると、みんな着こなすことが出来ます。自分に似合うカラーと着こなし方で、シアーシャツを楽しんでコーディネイトしましょう。

関連記事

  1. 骨格ナチュラルタイプの似合う素材

  2. 骨格ストレートタイプの似合う素材

  3. 【2023年夏祭り】ブルベ冬におすすめの浴衣

  4. 【2023年夏祭り】ブルベ夏におすすめの浴衣

  5. 【2023年夏祭り】イエベ春におすすめの浴衣

  6. クローゼット断捨離出来ないあなたへ