骨格ナチュラルタイプの似合う素材

似合う素材の特徴

骨格ナチュラルタイプは、似合う素材にも特徴があります。

  • コットンや麻の天然素材
  • 自然でラフな風合い
  • ざっくりした
  • ローゲージ
  • カジュアル感のあるもの

素材の種類

骨格ナチュラルは、ナチュラルでラフ感のある天然素材や、ダンガリーやデニム素材が似合います。フレームがあるため、そのような素材を身につけることで目立つ骨格をスッキリ見せてくれるからです。

  • デニム
  • 綿(コットン)
  • 麻(リネン)
  • コーデュロイ
  • スウエット
  • ジャージー
  • ジャガード
  • メッシュ

デニム

デニムは、10番手以上のインディゴに染めた縦糸と未晒の横糸を綾織にした素材です。綿100%のものから、ストレッチの糸をミックスしたものなど幅広くあります。ダンガリーは見た目がデニムのような素材ですが、縦糸が未晒糸で横糸が染色系を綾織にした素材です。デニム素材よりも薄手でシャツやワンピースなどに使用されることが多いです。

綿(コットン)

綿(コットン)素材は天然繊維で通気性や吸水性に優れています。夏のTシャツや綿シャツ・靴下など、皆さんも家のどこかに必ずある親しみやすい素材です。染色もしやすいのでカラーも豊富です。水に濡れると縮んだり、シワになりやすい特徴もあります。

麻(リネン)

麻(リネン)素材は天然素材で通気性に優れています。夏のファッションにも多く見られる素材で、水に濡れてもとても強くしっかりしています。夏はとても涼しく通気性が良いのでシャツやパンツ、ワンピースなど多くのアイテムで使われています。シワになりやすい特徴もありますが、麻素材ならではのシワ感もおしゃれとして楽しめます。

コーデュロイ

コーデュロイとはパイル織物の一種でタオルやベッチンなどと同じ織物の素材です。縦にウネがある見た目が特徴的です。暖かく保温性があり、秋冬の素材に多く見られます。ジャケットやシャツのトップスから、ボトムではパンツやスカート、ジャンパースカートなど色々なカジュアルアイテムが人気です。

スウエット

スウエットは素材の名前で、ニットの中の1つです。最近ではスウエットと言えばトレーナーの事を表すことも多いです。フードが付くとパーカーやフーディなどとも言います。パイル素材は裏毛でオールシーズンありますが、フリース素材は裏起毛で暖かく秋冬の素材です。

ジャージー

ジャージーは、ニット素材でメリヤス編みの物を言います。スポーツウエアーによく使用されていて、丈夫で伸縮性があり、お手入れもしやすいのが特徴です。学校の体操服やユニフォーム、スポーツウエアーでは定番素材です。ファッションとしてはスポーティなコーディネートに取り入れたりする事で、こなれ感やおしゃれ感を出すアイテムとしておすすめです。

ジャガード

ジャガードは糸の織りで柄を作った素材です。プリントなどの印刷ではなく、専用の織り機で模様や柄が出来上がります。立体感や高級感もあります。民俗調の柄やボタニカル柄、幾何学柄などとても種類が多く色使いもたくさんあります。立体的で生地の厚みもあり、カーテンなどのインテリアにもよく使用します。

メッシュ(フィッシュネット)

メッシュ(フィッシュネット)とは、魚の網のような見た目の素材です。アパレルではモノトーンからカラフルな色も多く、個性的な素材で好まれます。網目状の素材は、舞台衣装やコスチューム、網タイルなど様々なアイテムで見かけます。

 

関連記事

  1. ZARAで見つかる!骨格ストレートの似合う夏スタイル6選

  2. 24歳OL ブルベ夏+ウエーブ+顔フェミニンタイプの似合うも…

  3. 【2023年夏祭り】イエベ春におすすめの浴衣

  4. 【買うべきはこれ】骨格別シアーシャツで着回しコーデ、これだけ…

  5. 骨格ウエーブタイプの似合う素材

  6. 【2023年夏祭り】イエベ秋におすすめの浴衣